画像の説明

10人中7人が大学受験に悔いを残す理由

大学卒業後の進路の状況を知らなかった・知ろうとしなかった

「行きたい大学」が決まっているとしたら、なぜその大学でなければいけないのでしょうか?大学生活は「就職の為の準備の期間」でもあります。就職について考えもせずに、「なんとかなる」と思っていてなんとかなる時代では無いことはもう知っていると思います。そこまで考えて大学を選んでいく事が必要です。偏差値の高い大学に行けばどこかに就職できる時代でもありません。企業は出身大学よりも「あなた個人」を見てきます。そういった大学の「就職先の企業情報」だけでなく、「現実の情報」をどこであなたは手に入れますか?

就職した後のことや企業のことまで考えようとしていなかった

「今は大学に合格することしか考えていない」という高校生は多いと思います。その大学の選択が人生を変えると言っても過言ではありません。高校にはそういった大学卒業後の事や企業情報は入ってきません。大学に入学する事がゴールではありません。社会人になってやっとあなたの本当の人生のスタートです。自分の理想とする仕事と生活をしたいと思うのであればここまで考えたり情報収集しようとする努力を他の高校生よりしてください。成功者は普通にやっている事です。

大学の選択ミスをしてしまった…

合格した後にこれに気付いたらかなりショックを受けます。もうその大学に通うことになります。入学を辞退してもう一度来年再受験する手もあります。しかし、そんな「遠回り」はゴメンですよね。一番最適な大学を選んで受験したといえるだけの「受験情報」が必要です。学校の受験雑誌をたまにパラパラ見るだけでは足りません。そして「自己判断のみ」と「学校の先生に任せっきり」は危険です。なぜしなくて良い「遠回り」と「失敗」をする必要があるのでしょうか。ほとんどは「今が楽しければいい」という怠慢からくる「準備不足」「情報不足」が原因です。人のウワサは信じない方が良いです。

地元の大学ではなく、地方の大学に行くメリットとデメリットを知らなかった

あなたが県外の大学に行き、就職は地元に戻りたい。と思っていたら覚悟が必要です。就職活動をする1年間は県外と地元を何十回以上往復することになります。

自分のやりたいことができる学部だと思いこんでいたら違った…

学部の名称と実際に勉強する内容が全国の大学の学部が全て同じかというとまったく違います…

・志望大学の入試のチャンスは5回もあったのに気付かずに2回しか受けられなかった
・センター試験と2次試験の傾向対策が間違っていた
・もっとちゃんと知っていればこんなにスタートが遅くなっかった
・部活をやっている人なりの受験対策があることを知らず部活を辞めてしまった
・理系に進むんじゃなかった…
・AO入試や推薦入試を受ければよかった…
・意味のない塾や予備校に通ってしまった…
・担任の先生が新人だった…
・学校に全て任せていたのに知らないことだらけだった…
・根本勉強のやり方が間違っていた、その間違いを信じきっていた。
・進学校に通っている自分を過信しすぎていた…・
・有名予備校だから大丈夫だと思っていたが成績が伸びなかった…
・家の経済事情を気にし、頑張って国公立にしたが、自分がやりたい研究は私立にしか無かった
・国公立にも推薦入試があるなんて知らなかった
・基礎が完璧に固まってからしか赤本はやってはいけないものと思い込んでいたので、ほとんど取り組むことが出来ず、本番では全く歯が立たなかった
・第二志望の大学の勉強に結構足を引っ張っぱられていた
・部活をやっていたから、始めから国公立は遠慮して選びも調べもせずにいた‥。
・何も疑わず、3年の夏休みからで受験勉強は間に合うものと思っていた。
・現代文の勉強は個人のセンスの問題だと思っていたので、他の教科の勉強時間に充てていた
・興味があった職業は理系学部だったので、数学の苦手意識がとれず、志望校を諦めた
・試験科目の選択で合否が分かれるなんて、思ってもみなかった
・2次対策の勉強をしっかりやっておけば、センター試験にも対応できると思ってた
・センター試験と2次試験って性質が違うなんて、きちんと理解してなかった!
・センター試験と2次試験、それぞれに対策が必要だなんて知らなかった!
・赤本がほとんど取り組めなかった‥